LA(エルエー)の社労士通信講座を徹底解説!口コミ評判もまとめてご紹介!

LA(エルエー)は、通信講座専門の資格スクールとして運営しており、特にビジネス系資格(宅建士、行政書士、日商簿記など)の試験対策講座に力を入れてます。

社労士の通信講座に関しても対応しており、特に法律の学習が初めての方でも試験に合格するための実力が養えるカリキュラムがウリとなっております。

なお、エルエーでは資格学校業界を震え上がらせる制度も導入してますので、そのあたりも含めて本記事では掘り下げて解説していきたいと思いますので一緒に見てきましょう!

LA(エルエー)の社労士通信講座 スペック情報

講座コース
社労士サクセス70コース
教材内容
■テキスト
市販教材と講座オリジナル問題集のミックス

■講義教材
通信講座専用に撮影された講義映像(WEB視聴)
※オプションで講義DVDとして購入可

サポート内容
    回数無制限の質問サポート(電話/Web/質問カード)
割引制度
  • 再受講割引
  • 他資格受講生割引
キャッシュバック・返金制度
受講年度の社労士試験に合格した場合、受講料の最大50%が合格祝い金として返金される
教育訓練給付制度(指定講座)
なし
単科受講・オプション
メイン講座に対して講義DVD、印刷レジュメをオプションとして追加可能
サンプル教材の提供
  • サンプルテキストはなし
  • サンプル講義は公式サイト上で視聴可能
公式サイト
LA(エルエー)の社労士講座公式サイト

LA(エルエー)の社労士通信講座の特徴

受講料の最大50%が合格祝い金として返金される制度が激アツ!


エルエーの社労士通信講座を語る上で絶対に外せない内容がこちらの『合格祝賀金制度』です。
上の画像に書いてる通りなんですが、受講年度の試験に晴れて合格し、合格体験記/合格証のコピー/顔写真を提出すれば受講料の最大50%が祝い金として返金されます(顔写真が出せない場合は30%の返金)。

他校の場合、2年カリキュラムで1年で合格した場合は残りの受講料を返金とか、少額の祝い金進呈等はありますが、ここまで思い切ったことをしているのは、管理人の知る範囲ではエルエーだけだと思います。

ちなみに、後ほど特徴としてあげますが、エルエーは元の受講料も社労士の講義付きの通信講座としてはかなりリーズナブルな金額となってますので、そこの半額のキャッシュバックが入ってくれば独学とそれほど変わらない予算で済むレベルになってきます。

あと、この制度をきっかけに受講される方も多いですが、受講後のモチベーション維持にかなり大きな役割を果たしてます。
※合格と不合格で金額がかなり変わるのでそりゃ必死になれます(笑

3ステップのカリキュラムで初学者でも安心して合格が目指せる


エルエーの社労士通信講座は、図のような3つ学習フェーズごとで時期に応じた学習カリキュラムが組まれてます。

初期の段階では、社労士の学習範囲を網羅的に学習し、まずはどういった内容を深掘りして学んでいくのかをこの段階で確認していきます。学習経験者、受験経験者の方だとすでに知っている内容となるためやや退屈かもしれませんが、基本の再整理という意味では役立つと思います。

中期以降は各科目の掘り下げをしつつ、科目ごとの復習答練を行って記憶の定着を図るいわば資格講座の王道カリキュラムとなってます。

直前期には法改正・白書対策、そしてアウトプットとして模擬試験も含まれてますので、試験本番を見据えた学習が行えます。

メインテキストは市販教材だが、そこには『授業屋』としてのこだわりがある


他校の多くは学校ごとでオリジナルの試験対策テキストを作成しておりますが、エルエーではそこをあえて市販テキストを採用して講座カリキュラムが組まれてます。

ちなみに使用されているテキストは以下(試験年度の最新版が使われてます)。

うかる! 社労士 合格テキスト 2017年度版

新品価格
¥3,780から
(2017/9/15 14:36時点)

資格学校の講座オリジナルのテキストの場合、その講座の特色が出しやすいといったメリットがある一方、内容の偏りや見やすさに難が出ることもあり読みてにとってデメリットになる面もあります。

その点、市販のテキストは、万人受けする内容で構成されており、見やすさ、読みやすさも吟味されてるので、「テキストが合わない」といったリスクを極力減らすことが出来ます。
※そもそも市販テキストなので、事前に本屋で確認すれば自分に合うかのチェックが出来るので。

ただし、市販のテキストの場合、試験に必要、不必要に関わらず学習範囲の全てを網羅しているものも多く、学習の濃さをコントロールするのが難しいといったデメリットがあります。

その点をカバーするのが「エルエーの講義」となります。

市販テキストの内容を進めつつ、何が重要で何が重要でないかを講義の中で解説してくれますので、市販のテキストで十分、という考え方になるワケなんですね。
※学校自らが「授業屋」といってるのもなんとなく理解できます^^

なお、メインテキストは市販教材を使ってますが、アウトプット用の答練・問題集については講座オリジナルで作成してますので、様々な教材を取捨選択して教材構成を考えているといった感じです。

質問サポートは電話での受付も可能


エルエーでは、受講生サポートしては、質問サポートのみとなっておりますが、質問の受付方法として通信講座ではめずらしい「電話による質問」も可能となってます。

メールなどの質問だと、文章にまとめる時間、回答が返ってくるまでの時間がどうしてもかかってしまうので、その点電話であれば講師が即その場で回答をしてくれますので、効率の面ではかなり良いと思います。
※もちろん分からないところを文章にまとめるのも課題整理の面でアリではありますが。

あと、電話以外にもWebシステムを介した質問、質問カード(郵送)にも対応しており、回数も無制限となってます。

講義付きの社労士通信講座としてはかなりリーズナブルな受講料


社労士の講義付きの通信講座の受講料相場としては、大体15~20万円あたりになってきますが、エルエーの社労士通信講座は10万円以下の受講料となっており、かなり格安の通信講座の部類に入ります。

講座名 受講料
社労士サクセス70コース 通信オンライン受講クラス 99,000円
追加オプション
講義DVD送付 +15,000円
印刷レジュメ送付 +10,000円
講義DVD+印刷レジュメ送付 +25,000円

ここまで安いのにはいくつか理由がありますが、やはり市販テキストをうまく使って教材作成コストを下げている、通信講座専用として運営している点が大きく影響していると思います。

特に大手資格学校では、通学通信の両方に対応、教材も全部オリジナル、CMもバンバン流してるってところが多いので、それらのコストが受講料に乗っかってくることを考えれば、エルエーの受講料は極限までコストダウンした結果というとらえ方も出来ますね。

なお、エルエーではこの受講料をベースに、各種割引制度、早期受講割引キャンペーン、あと冒頭でも触れました合格祝い金制度などもあるので、さらに格安で受講出来るポイントが非常に多いのも魅力です。

再受講割引
当該年度のエルエーの社労士通信講座を受講していた場合、翌年度の同一コースを50%OFFで受講出来ます。
他資格受講生割引制度
エル・エーの他資格コースを過去に受講していた場合は10%OFFで受講出来ます。
早期割引キャンペーン
新年度講座開設時のキャンペーンとして10,000円OFFで受講出来ます。(毎年9月に実施)
受講申込後の合格者には受講料全額返金
当該年度試験を受験し結果発表前に受講申し込みをし、試験に合格していた場合は受講料は全額返金されます。

例)
  1. 08月下旬の本試験を受験
  2. 09月に試験結果を待たずにLA社労士講座を申し込む
  3. 10月の合格発表で合格
  4. 09月の申し込みは全額返金
合格祝賀返金制度
該当年度のエルエー社労士通信講座を受講し、該当年度の試験に合格した場合は、受講料の最大50%が祝い金として進呈されます。
※合格体験記、合格証のコピー、顔写真の提出でMAX50%が返金(顔写真なしだと30%返金)

LA(エルエー)の社労士通信講座を受講した方々の評判口コミ情報


実際にエルエーの社労士講座を受講された方々の評判・口コミを集めてみました。

口コミの傾向としては、合格祝賀金制度の内容が圧倒的に多い感じでしたが、講義の解説に関する情報やサポートに関する(良い)意見もいくつか挙がっております。

受講者の生の声となってますので、ぜひ参考にしてください。

30代男性
エル・エーの通信講座にしようと思った理由は、やはり合格返金制度があることが一番の決め手となりました。他の資格学校ではほとんど合格返金制度というものがなく、エル・エーの合格返金制度が合格に対するモチベーションを高めてくれたことは・・・

続きを読む→

30代女性
エル・エーの講座は、通信なので、時間さえ見つければ受講できます。私はDVD付の講座にしましたが、とにかく休みは時間を見つけて、DVDで講座を受講しました。どうしても休日時間が取れない場合は、オンラインでも受講できたので、会社から近くのインターネットカフェで受講したりと・・・

続きを読む→

30代男性
正直最初に到着した教材を見たときはそのシンプルさのあまり、分かっていたにもかかわらず不安になったものでした。しかしいざ学習を開始するとそのいかにも読むのが辛そうな分厚いテキストが、DVD講義によってスムーズに読み進められる仕組みになっており難解な論点も板書を使った詳しい説明により労せず理解することができ、学習に夢中になる程でした。また時期ごとの学習の進め方や・・・

続きを読む→

50代女性
53歳、全くの初学者である私が「7ヶ月で、合格率7%の社労士試験一発合格を目指す」と宣言したとき、娘や息子たちは、今日という日が来ることは、これっぽっちも予想していなかったと思います。 人生いくつになっても勉強、やりがいのある仕事を目指して、再就職の為のチャレンジでした。「金銭の投資は最小限におさえたい」という気持ちで、通信講座のなかで、勉強方法を探していたところ、エル・エーさんの講座がまず、目にとまりました。・・・

続きを読む→

40代女性
私の場合は、12月から少しずつ勉強を始め、4月、5月は仕事で全く勉強ができなかったのですが、3月と6月以降は毎日10時間以上勉強しました。まず、講義の解説が分かりやすかったので、そんなに講義でわからない点はなかったのですが、過去問やその他わからない点はメールで問い合わせると非常に丁寧に回答して頂けたので、全体を通して分からないところは・・・

続きを読む→

LA(エルエー)の社労士通信講座 総合評価

LA(エルエー)の管理人的評価
教材クオリティ 10pt
カリキュラム 15pt
コスパ 20pt
サポート体制 10pt
運営実績 10pt
【総合評価:65pt】

エルエーのストロングポイントとしては、やはり何と言ってもコスパが超絶にイイという点ではないでしょうか。

社労士の通信講座で講義付きのもので10万円以下というのもかなりリーズナブルですが、合格時の50%キャッシュバック、割引制度などを踏まえると、うまく行けば実質4万円台で済むという点がかなり魅力的です。

で、肝心の講座内容についてですが、初学者の方にはかなりピッタリなカリキュラムとなってますが、逆を言えば学習経験者の方にはやや物足りない内容とも言えます。

カリキュラムの初期段階が基礎講座にあたるため、知識の再整理として割り切れる方は問題ありませんが、初期フェーズから演習/答練をガンガンこなしていきたい方には少々不向きなカリキュラムだと判断できます。
※各フェーズの講座が単科講座として受講できればベストなんですけどね。

あと、受講生サポートについては、質問サポートの内容は申し分ないと言えますが、大手資格学校と比べるとサポート種類が少ない点もマイナスポイントに感じます。

まぁ、質問サポート以外はあまり重視されていない方にとっては関係のない部分となりますので、この辺りは好み/目的次第になってきますね。

個人的な評価を挙げてみましたが、初学者の取っ掛かりとしての通信講座としてはかなりクオリティは高いと思いますので、選択肢の一つとして考えてもよいと判断出来ます。


Checkこんな方におすすめです!
  • とにかく受講料の安い通信講座をお探しの方
  • 法律の学習含めて社労士の勉強が初めての方
  • 講義でしっかりと学習を進めたい方
  • 質問サポートが充実している講座をお探しの方

受講を検討されている方は、まずはL・A(エル・エー)の公式サイトで資料請求をし、パンフレットや付属で付いているサンプル講義DVDの内容を確認するようましょう。

やはり「百聞は一見に如かず」で実際に自分の目で見て確かめるのがベストなんで。

なお、社労士の講座以外にあと2つ別資格の講座の資料も取り寄せることが出来ますので、興味のある資格があればついでに申し込んでおくのもよいかと思います^^



コメントは受け付けていません。

平成30年度(2018年度)向け 社労士の通信講座人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

資料請求はこちら

 クレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

資料請求はこちら

 TAC(タック)

TACの社労士講座

TACは基礎学力や学習期間に応じて複数の講座コースが用意されており、大手資格学校ならではの手厚いサポートが魅力!長年の指導ノウハウにもとづいた学習カリキュラムで社労士試験対策が行えます!

資料請求はこちら

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座