第53回(2021年度)社会保険労務士試験の合格発表!今年の合格率/合格基準点まとめ

第53回(2021年度)社会保険労務士試験の合格発表
2021年8月22日(日)に実施された第53回社会保険労務士試験の試験結果が厚生労働省の報道発表資料、及び全国社会保険労務士会連合会 試験センターのホームページにて公表されましたので、こちらのサイトでも情報をまとめてみました。

諸々の結果を踏まえた総括も掲載してますので、今回の試験のまとめとして参考にしてください。


第53回社会保険労務士試験の試験結果

受験申込者数

種別 今年度
(2021年)
昨年度
(2020年)
対前年比
通常受験者 49,374人 48,168人 +2.5%
科目免除者 535人 530人 +0.9%
公務員特例免除者 524人 552人 -5.1%
合計 50,433人
49,250人 +2.4%

受験者数

種別 今年度
(2021年)
昨年度
(2020年)
対前年比
通常受験者 36,465人 34,011人 +7.2%
科目免除者 422人 403人 +4.7%
公務員特例免除者 419人 431人 -2.8%
合計 37,306人 34,845人 +7.1%

受験率

種別 今年度
(2021年)
昨年度
(2020年)
対前年比
通常受験者 73.9% 70.6% +3.2%
科目免除者 78.9% 76.0% +2.8%
公務員特例免除者 80.0% 78.1% +1.9%
合計 74.0% 70.8% +3.2%

合格者数

種別 今年度
(2021年)
昨年度
(2020年)
対前年比
通常受験者 2,831人 2,165人 +30.8%
科目免除者 33人 17人 +94.1%
公務員特例免除者 73人 55人 +32.7%
合計 2,937人 2,237人 +31.3%

合格率

種別 今年度
(2021年)
昨年度
(2020年)
対前年比
通常受験者 7.8% 6.4% +1.4%
科目免除者 7.8% 4.2% +3.6%
公務員特例免除者 17.4% 12.8% +4.7%
合計 7.9% 6.4% +1.5%

合格基準点及び配点

本年度(2021年)の合格基準点及び配点

(1)合格基準点
本年度の合格基準は、次2つ条件を満たした者を合格とする。

① 選択式試験は、総得点24点以上かつ各科目3点以上
 (ただし、「労務管理その他の労働に関する一般常識」は1点以上「国民年金法」は2点以上)である者

② 択一式試験は、総得点45点以上かつ各科目4点以上

※ 上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから昨年度試験の合格基準を補正したものである。

(2)配点
① 選択式試験は、各問1点とし1科目5点満点、合計40点満点とする。
② 択一式試験は、各問1点とし1科目10点満点、合計70点満点とする。

昨年度(2020年)の合格基準点及び配点※参考情報

(1)合格基準点
本年度の合格基準は、次2つ条件を満たした者を合格とする。

① 選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上
 (ただし、「労務管理その他の労働に関する一般常識」「社会保険に関する一般常識」「健康保険法」は2点以上)である者

② 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上

※ 上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから昨年度試験の合格基準を補正したものである。

(2)配点
① 選択式試験は、各問1点とし1科目5点満点、合計40点満点とする。
② 択一式試験は、各問1点とし1科目10点満点、合計70点満点とする。

本年度(2021年)の社会保険労務士試験合格者の各種内訳

本年度(2021年)の社労士試験合格者の各種内訳

過去10年間の申込者数、受験者数、合格者数の推移

社労士試験の過去10年間の申込者数、受験者数、合格者数の推移

試験結果からの総括


本年度の社労士試験については、試験当日近辺についてはコロナ感染者数がかなりピークを迎えていた時期(第5波?)にも関わらず、試験会場数の拡大や各試験会場でのコロナ感染対策などがしっかりされていた点も好印象となり、申込者数、受験者数、受験率ともに昨年度よりも上昇している結果になってます。

合格率に関しても前年よりも1.5ポイント増加の7.9%と過去10年の中で見ても2番目に高い合格率となってました。合格基準を見る限り、選択式試験の全体ボーダー点数、科目別の足切りの緩和などが合格率の押し上げに一役を買ってるような印象ですね。

そういう意味では本年度の試験に関しては社労士試験の中ではそこそこのボーナス年になったんじゃないか?と考えられます。

ただし、過去の例を挙げますと2014年 9.3% → 2015年 2.6% といった形で次年度に突き落とすような難易度になったこともあり、2022年度に受験される方はその辺を頭に入れつつ準備をしていったほうがよいかと思います^^

まぁ、何はともあれ今年合格された方はおめでとうございます!
あと一歩だった方は来年の本試験に向けてしっかり準備をしていきましょう!

参考リンク

 第53回社会保険労務士試験の合格者発表 | 厚生労働省

 第53回(令和3年度)社会保険労務士試験の合格基準について(PDF) | 厚生労働省

 社会保険労務士試験の合格基準及び正答について(PDF) | 社会保険労務士試験オフィシャルサイト

 第53回(令和3年度)社会保険労務士試験科目得点状況表(PDF) | 厚生労働省

 合格者等の推移(過去10年)・第53回社会保険労務士試験合格者の年齢別・職業別・男女別構成(PDF) | 厚生労働省

 官報 令和3年10月29日(号外(第247号))-第五十三回社会保険労務士試験合格者(厚生労働省)

コメントは受け付けていません。

2022年度向け 社労士の通信講座人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

公式サイトへGO

 クレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

公式サイトへGO

 アガルート

アガルートの社労士講座

社労士試験の合格に必要な知識・情報をパッケージ化された講座カリキュラムが高い合格率を生み出しており、受験生の評価が高い通信講座です!早期割引、合格祝いの全額返金など強力なサポートもかなり魅力的!

公式サイトへGO

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

目的にあった通信講座を比較しよう!
当サイトでは、社労士受験生のさまざまなニーズに対応出来るよう、条件に応じたおすすめの通信講座を以下の記事でピックアップしてご紹介しております!ぜひチェックしてみてください!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】ニンジン作戦でヤル気アップ!合格祝い・受講料キャッシュバックが付いてる通信講座まとめ
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座