社労士試験の難易度を3つのポイントで解説

社労士試験は非常に難易度が高いと言われていますが、その合格率を見てみますと世間でそう言われているのもうなずける結果となっています。

過去20年の合格率を見てみても、合格率が10%を超えたのが一度だけというかなり低い数値となっており、基本的には7~8%あたりの合格率に落ち着きます。
※ここ数年はそこから更に下落傾向にあります、、

詳しくは本サイトの以下記事にまとめてますのでぜひ

社労士試験の合格率が低くなってしまう3つの理由


で、10%を切るという事は、言わば10人に1人受かるか受からないかって確率ということであり、「なんか資格取りたいから気軽に受けちゃおう」的な意識の低い受験者はほぼいないでしょうから、受験者のほとんどがそれぞれ一生懸命勉強した上でこの数字になってます。

このことからも社労士試験は非常に難易度の高い資格試験であることが伺えます。

とはいえ、一概に合格率だけでは試験の難易度は測れないと考えており、その合格率の裏に潜む本来の難易度を高めている理由がある(はず)。

というわけで、本記事では社労士試験の難易度を合格率以外に着目(といっても合格率の話題も出ますが…)し、3つのポイントで解説し、最後にそれらから導き出すことが出来る難易度に打ち勝つためのポイントをまとめておりますので、一緒に見ていきましょう!

ポイント①:
他のビジネス系資格との難易度比較

まず、合格率以外でその試験の難易度を測るのに、合格までに必要な勉強時間で見てみるのが正直手っ取り早い方法でしょう。

資格のジャンルや必要とする知識もそれぞれ違うので、比べること自体ナンセンスといえばナンセンスかもしれませんが…。

とりあえず、一般的に難易度が高いとされているビジネス系国家資格の合格までに必要な勉強時間や合格率を記した表を作成しましたので、まずはこちらを見てみましょう。

■ビジネス系資格の合格に必要な勉強時間と合格率
資格名 科目別
合格制度
勉強時間 合格率
(2016年度)
難易度
司法書士 なし 約3,000時間 3.95% 星5.0
公認会計士 あり 約3,000時間 10.80% 星5.0
弁理士 なし 約3,000時間 7.00% 星5.0
不動産鑑定士 なし 約2,000時間 14.50% 星4.0
税理士 あり 約2,000時間 15.20% 星4.0
土地家屋調査士 なし 約1,500時間 8.92% 星4.0
社会保険労務士 なし 約1,000時間 4.40% 星3.0
行政書士 なし 約800時間 9.95% 星3.0
マンション管理士 なし 約600時間 8.01% 星3.0
宅地建物取引士 なし 約300時間 15.40% 星2.0
管理業務主任者 なし 約250時間 22.50% 星2.0

こうして試験の合格に必要な勉強時間を見てみると、社労士試験以上に難関と判断できる司法書士や公認会計士といった”超”がつくほどの難関試験に比べると、勉強時間も少なく合格できる可能性が高そうに見えますが、取り上げた2016年度の合格率が悪過ぎてこの数字を見ただけで尻込みしてしまいそうですよね…。

また、推定必要勉強時間を約1,000時間と書いていますが、勉強期間を1年/半年と仮定すると、1日あたりの必要な勉強時間は次のようになります。

勉強期間1年 → 1日:2.73時間
勉強期間半年 → 1日:5.46時間

1年計画でも1日3時間弱の勉強時間を確保する必要があるため、働きながら資格取得を目指す方や、家族との時間も大切にしたいとお考えの方は、時間捻出は簡単ではないため、そのハードルは非常に高いんじゃないでしょうか。。

あと、半年計画の場合、もう何かを犠牲にする勢いで試験勉強に打ち込む必要があります(爆

※余談ですが、司法書士試験の合格までに必要な3,000時間を1年で合格を目指すとなると、1日8.21時間の勉強が必要です…。そのことを考えれば、社労士試験はまだなんとかなりそうな気はしてきますけどね(甘いか?)(笑)

ポイント②:
合格基準点を含む試験制度という名の壁

社労士試験の試験制度に関する話となりますが、社労士試験では最終的な合計得点とは別に各科目ごとの合格基準点、かつ試験種別ごと(選択式/択一式)でも合格基準点が設けられているため、合計得点数が合格基準点を上回ってたとしても、どれか1科目でも合格基準点を下回ってしまうと不合格となってしまうというかなり鬼畜な試験制度となっております。

で、難易度との関係性について話を戻しますが、合計得点のみで合否を判断する試験であれば、1,2科目苦手なものがあったとしても、得意な科目でリカバリーすれば対応できると思いますが、社労士試験の場合、こういった何重もの合格基準点の壁が用意されているため、1科目の苦手科目が即致命傷に繋がります。

また、社労士試験は税理士試験などのような科目合格制度もないので、その年に一発で全ての科目を勉強し、合格ラインを超えなければなりません。

この事を考えても、出題される問題の難易度以上に難しい試験だといえるでしょう。

参考までに、難解とされる他試験をいくつか抜粋し、それぞれの試験制度を下記に簡単にまとめてみましたので、一度比較してみて下さい。

■ビジネス系資格の試験制度と試験科目数との関係
資格名 科目別
合格制度
科目数 出題数
司法書士 なし 11科目 72問
公認会計士 あり 9科目 受験科目による
税理士 あり 11科目 受験科目による
社会保険労務士 なし 10科目 78問
行政書士 あり 8科目 60問

司法書士試験は試験制度の面も含めて社労士試験のさらに上を行く鬼畜資格となっておりますが、他の資格試験については科目数が多ければ科目合格制度を導入するなどして対応している感じとなってます。

このように、社労士試験に関しては幅広い学習範囲に対して得点することが出来るオールラウンダーが最強、かつ絶対であり、このあたりが試験そのものの難易度を高めている一要因として考えられます。

ポイント③:
記憶力勝負の試験であることを覚悟しておく

社労士試験で出題される科目数は合計10科目とお伝えしましたが、単純に試験科目が10科目あるって相当多いと思います。

その上で、弱点となるような苦手科目を作らないようにするとなると、相当な勉強量が必要となってくるのはお分かりいただけるでしょう。

社労士試験は理解力などが必要な部分もありますが、一番必要になってくるのは記憶力です。

特に法律や法令などは、毎年法改正される内容もありますので、変更の都度しっかり覚え直さなければなりません。
※特に法改正された部分は試験で出題率がべらぼうに高い!

また、◯◯以下や◯◯未満など、数字のしきい値を求める問題も多く出題されるので、こういった問題を「あれ?どっちだったかな??」というような状態に陥らないまでに、細部までキッチリ記憶しておく必要があります。

まとめ&難易度に打ち勝つためのポイント

ここまで社労士試験の難易度を3つのポイントで解説してきましたが、世間で難易度が高いと言われているのはまんざらではない事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

で、本記事で解説した難易度のポイントを踏まえつつ、その難易度に打ち勝つためには以下の内容を頭に叩き込む必要があります。

社労士試験の難易度に打ち勝つためのポイント
  • 科目ごとの合格基準点をクリアできるよう“不得意科目を作らない”こと
  • 法律を細部まで記憶できるよう“繰り返し学習する”こと

このどちらかのポイントが欠けると社労士試験の合格は難しいというか不可能だと断言出来ます。なので、これらのポイントを抑えつつ各科目ごとの対策に取り組むようにしましょう。

まぁ、社労士試験はすこぶる難易度が高い試験ではありますが、その分、この高い山を登ったときの達成感は言葉では言い表せないものがありますので、本記事の内容を踏まえつつ社労士試験対策に取り組んで頂ければ幸いです!

コメントは受け付けていません。

平成30年度(2018年度)向け 社労士の通信講座人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

資料請求はこちら

 クレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

資料請求はこちら

 TAC(タック)

TACの社労士講座

TACは基礎学力や学習期間に応じて複数の講座コースが用意されており、大手資格学校ならではの手厚いサポートが魅力!長年の指導ノウハウにもとづいた学習カリキュラムで社労士試験対策が行えます!

資料請求はこちら

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座