【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座をご紹介

社労士試験を独学で目指す方も多いと思いますが、勉強を進めていく中で「苦手科目」ってのは必ずと言っていいほど出てくると思います。

特に社労士試験は、選択式試験、択一式試験のそれぞれで足切り点が設けられており、さらにその中でも科目ごとの足切り点もあるので、全く得点することが出来ない科目があった日には、それだけで致命傷になると言っても過言ではありません・・・

ゆえに、独学者にとって苦手科目の克服は社労士試験を突破するための最重要課題とも言えます。

と、こうやって書くのは簡単であり「克服できるもんならとっくにしとるわ!」という声も聞こえてきそうではありますが、苦手な科目や範囲に的を絞って集中的に学習できる単科講座も出ておりますので、それらを利用して弱点克服するのも解決方法の一つだと思います。

そこで、本記事ではそんな苦手持ちの独学者の方ににおすすめの単科講座をご紹介したいと思います。

一応、通常の単科講座と直前期対策講座で分けて掲載してますので、目的に応じてチェックしてみてください。

フォーサイト

教材クオリティの高さ、リーズナブルな受講料で非常に評判の良いフォーサイトですが、パックコースでまとめられている各講座を個別で受講することが可能です。

単科講座といってもクオリティの高い講義教材がしっかり付いてますので、授業を受けながらみっちりと試験対策をすることが出来ます。

なお、直前期対策講座については目的ごとに細分化されてますので、補強ポイントに応じた講座を選択することが出来ますし、1つ1つの講座が結構安いので、補強教材という意味ではイイ感じの価格設定と言えるでしょう。

単科講座

講座名 受講料
基礎講座 37,800円~
過去問講座 39,800円~

直前期対策講座

講座名 受講料
直前対策講座(法改正対策編) 10,000円
直前対策講座(年金総まとめ編) 10,000円
直前対策講座(横断まとめ編) 10,000円
直前対策講座(択一対策編) 10,000円
直前対策講座(選択対策編) 10,000円
直前対策講座(5編同時申込み) 45,000円

フォーサイトの公式サイトで資料請求フォーサイトの社労士通信講座解説レビューをチェック

クレアール

クレアールでは、目的別に単科講座がかなり豊富に揃っており、社労士の独学受験生にとってはまさにかゆいところに手が届くラインナップとなっております。

特に演習/答練の単科講座が充実しており、基礎はある程度おさえてる方が得点力アップのためにクレアールの単科講座を受講されることが多いそうです。

なお、講座名が◯◯講義となっているものについては、講義だけでなく専用のテキスト・問題集も付いてますので、その点はご安心を。

単科講座

講座名 受講料
重要過去問攻略講義 30,000円~
答練マスター講義 65,000円~
横断整理 18,000円~
ハイレベル答練 35,000円~
法改正対策講義 10,000円~
直前総まとめ講義 28,000円~
白書対策講義 10,000円~

直前期対策講座

講座名 受講料
労働経済攻略講義 7,000円~
年金攻略講義 10,000円~
一般常識攻略講義 10,000円~
3時間で7点アップセミナー 3,500円~
3時間で「安衛法」3点GETセミナー 3,000円~
超直前・総仕上げヤマ当て講座 7,000円~

クレアールの公式サイトで資料請求クレアールの社労士通信講座解説レビューをチェック

資格の大原

大原の単科講座については、こちらもパックコースに含まれている講座を個別で受講する事ができる形ではありますが、通学のみに対応しているものが多いので、通信で受講するとなると種類は限られてしまう点がやや不満なところです。

ですが、大原の公開模試はかなり評判が良いので、独学受験生であれば「直前対策パック(直前対策+公開模試(4回)のセット)」あたりはかなりおすすめになってきます。

模試で出題される問題の本試験的中率がかなり高いので、模試の復習&繰り返し実施だけでも得点力アップが見込めそうです。

単科講座

講座名 受講料
科目別基本講義(労働基準法)
※通学のみ
20,000円
科目別基本講義(労働安全衛生法)
※通学のみ
20,000円
頻出項目マスター 34,000円~
年金頻出項目マスター 10,000円~

直前期対策講座

講座名 受講料
直前対策パック(直前対策+公開模試(4回)のセット) 43,000円~
直前対策-労働経済・厚生労働白書まとめ講義
※通学のみ
6,000円
直前対策-択一式直前対策演習
※通学のみ
25,000円
直前対策-選択式直前対策演習
※通学のみ
6,000円

大原の公式サイトで資料請求大原の社労士講座解説レビューをチェック

コメントは受け付けていません。

平成30年度(2018年度)向け 社労士の通信講座人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

資料請求はこちら

 クレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

資料請求はこちら

 TAC(タック)

TACの社労士講座

TACは基礎学力や学習期間に応じて複数の講座コースが用意されており、大手資格学校ならではの手厚いサポートが魅力!長年の指導ノウハウにもとづいた学習カリキュラムで社労士試験対策が行えます!

資料請求はこちら

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座