【社労士】教育訓練給付制度の指定講座を合格率順にご紹介します!

厚生労働大臣の指定する教育訓練給付制度の指定講座をご存知でしょうか?

こちらは給付制度という名前の通り、制度を利用できる方であれば受講修了後に受講料の最大20%が給付金として支給される制度となっておりますが、この指定講座に認定されていること自体、講座カリキュラム/受講期間/講座実績(合格率)が国が定める基準を満たしている証(あかし)でもありますので、まさに優良講座であることの裏付けが取れます。

そこで本記事では、そんな優良講座の指定を受けている社労士の通信講座をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

ただし、ただ単に紹介するだけだと味気ないので、その優良講座の中でも受講者の受験率、受験者の合格率、受講者の合格率の3つの実績データを算出し、評価の高い順に紹介していきたいと思います。

実績データから様々な推測も出来ますので、制度が利用できる方もそうじゃない方も通信講座選びの参考にしてください。

なお、情報をまとめるにあたり、いくつか条件/注意事項がありますので、以下に列挙しておきます。
こちらをご覧頂いたうえで各データをチェックしていってください!

  • 各通信講座の受験率/合格率については「教育訓練講座 検索システム」から社会保険労務士の試験対策講座を実施している資格学校の過去実績より抽出してます。
  • 本記事内の受験率、合格率、受講者の合格率の評価基準については、平成27年度 教育訓練給付制度の指定講座より平均値を算出し相対的に比較しております。
     ①:受験率(平均):81.0%
     ②:合格率(平均):10.4%
     ③:①×②(平均): 8.4%
  • 各資格学校に教育訓練給付制度の指定講座が複数ある場合は、合算値として算出してます。
  • 社労士試験の一般合格率は以下の通り
     平成27年度:2.6%
  • 本記事で掲載している受験率/合格率については、あくまで教育訓練給付制度の指定講座からの算出データであり、資格学校全体の受験率/合格率ではありませんので、その点ご注意ください。
  • 年度によって教育訓練給付制度の指定講座は変更されることが高く、本記事で掲載している講座が対象から外れている可能性があります。
    ※最新情報については各資格学校の公式サイト、及び講座パンフレットでご確認ください。

フォーサイト

フォーサイトでは全6講座のうち、2講座が教育訓練給付制度の指定講座となってます。

制度利用者の本試験受験率は正直よくはありませんが、受験者の合格率が本記事でご紹介している資格学校の中でもダントツに高く、同年度の一般合格率の約12.6倍と驚異的な合格率を誇ってます。

フォーサイトのカリキュラムをやり切れりさえすれば、本試験に合格できる確率がかなり高い資格学校であることが言えます。

教育訓練給付制度の指定講座

講座名 受講料
バリューセット2(基礎+過去問講座+直前対策講座) DVDコース 142,600円
バリューセット2(基礎+過去問講座+直前対策講座) CD+DVDコース 162,600円

指定講座全体の実績情報

受講者数 231人
受験者数 125人
合格者数 41人
受験率(受験者数÷受講者数) 54.1%
合格率(合格者数÷受験者数) 32.8%
合格者数÷受講者数 17.7%
(かなり良い)

フォーサイトの公式サイトで資料請求フォーサイトの社労士通信講座解説レビューをチェック

LEC東京リーガルマインド

LECでは4つの講座が教育訓練給付制度の指定講座となっております。

制度利用者の人数がそれほど多くないため、検証データとしてはやや信憑性に欠ける部分がありますが、合格率については、本記事内の資格学校の中で2番目にイイ数値となってます。

ただし、対象の4講座のうち「社労士合格コース通信(DVD・Web+音声DL)」で合格者が3名となっておりかなり偏りがありますので、その点はよく確認しておく必要があります。

教育訓練給付制度の指定講座

講座名 受講料
社労士しっかり基礎+合格コース通信(DVD・Web+音声DL) 240,000円
社労士工藤プロジェクト Swing-byセミナー通信(DVD・Web+音声DL) 333,000円
社労士合格コース通信(DVD・Web+音声DL) 225,000円
社労士上級コース通信(DVD・Web+音声DL) 175,000円

指定講座全体の実績情報

受講者数 41人
受験者数 25人
合格者数 5人
受験率(受験者数÷受講者数) 61.0%
合格率(合格者数÷受験者数) 20.0%
合格者数÷受講者数 12.2%
(良い)

LECの公式サイトで資料請求LECの社労士講座解説レビューをチェック

資格の大原

大原では7講座が教育訓練給付制度の指定講座となっており、本記事でご紹介している資格学校の中でも講座数という意味ではかなり多い部類に入ります。

で、実績面での特徴としては受講生の受験率がかなり高く、この数値だけでいえば本記事内で一番の高さを誇っております。

合格率は平均よりもやや高い程度ではありますが、途中で試験勉強を挫折せずにやり切る方が多い部分からも講座のカリキュラムが受験生の学習モチベーションを下げることなく構成されている点が伺えます。

教育訓練給付制度の指定講座

講座名 受講料
社会保険労務士講座完全合格コース映像講義付[DVD] 190,000円
社会保険労務士講座完全合格コース映像講義付[Web] 170,000円
社会保険労務士講座上級コース映像講義付[DVD] 190,000円
社会保険労務士講座上級コース映像講義付[Web] 170,000円
社会保険労務士講座速修コース映像講義付[Web] 118,000円
社会保険労務士講座入門完全合格コース映像講義付[DVD] 216,000円
社会保険労務士講座入門完全合格コース映像講義付[Web] 195,000円

指定講座全体の実績情報

受講者数 177人
受験者数 163人
合格者数 19人
受験率(受験者数÷受講者数) 92.1%
合格率(合格者数÷受験者数) 11.7%
合格者数÷受講者数 10.7%
(良い)

大原の公式サイトで資料請求大原の社労士講座解説レビューをチェック

クレアール

クレアールでは4つの講座が教育訓練給付制度の指定講座となっております。

実績面については<受験率:やや悪い/合格率:良い>と言った感じで、本記事の資格学校の中では及第点といったところでしょうか。

まぁ、クレアールの場合、強力な期間限定割引もあり、それプラス給付金で以下に載せてる受講料の半額くらいまで実質費用を抑えることが出来ますので、安す過ぎると逆に受験率が落ちてしまうということが言えるかもしれませんね(笑

しっかりカリキュラムをやり切れば、結構高い合格率を誇ってますので、トータル的なコスパはかなり高いと言えます。

教育訓練給付制度の指定講座

講座名 受講料
社会保険労務士 中・上級W受験コース 187,000円
社会保険労務士 中級パーフェクトコース 164,000円
社会保険労務士 上級マスターAコースDVD通信 177,000円
社労士一発ストレート合格AコースWeb通信 180,000円

指定講座全体の実績情報

受講者数 323人
受験者数 257人
合格者数 34人
受験率(受験者数÷受講者数) 79.6%
合格率(合格者数÷受験者数) 13.2%
合格者数÷受講者数 10.5%
(良い)

クレアールの公式サイトで資料請求クレアールの社労士通信講座解説レビューをチェック

資格の学校TAC(タック)

TACの特徴としては制度を利用している受講者数が、本記事でご紹介している資格学校の中でダントツに多く、おそらく社労士の資格学校の中でNo1の受講者を誇ってるんじゃないかと思えるほどの人数となってます。

受験率も平均以上と高く、学習モチベーションのコントロールに長けた資格学校であることが伺えます。
※そもそも受験率の全体ボーダーを上げてるのがTACというのもありますが、、

ただし、合格率は1ケタ代と悪い部類となっており、受講者数が多ければそれだけ本気度の高い受講者の割合が薄まってしまうのかな?と考えさせられてしまう結果となっております。

教育訓練給付制度の指定講座

講座名 受講料
社会保険労務士上級演習本科生(DVD・Web・DL・Web+DL)通信 195,000円
社会保険労務士上級本科生(DVD・Web・DL・Web+DL)通信 190,000円
社会保険労務士総合本科生(DVD・Web・DL・Web+DL)通信 216,000円
社会保険労務士総合本科生Basic(DVD・Web・DL・Web+DL)通信 231,000円
社会保険労務士総合本科生Basic+Plus(DVD)通信 311,000円
社会保険労務士総合本科生Plus(DVD)通信 288,000円
社会保険労務士速修本科生(DVD・Web・DL・Web+DL)通信 165,000円

指定講座全体の実績情報

受講者数 1422人
受験者数 1234人
合格者数 94人
受験率(受験者数÷受講者数) 86.8%
合格率(合格者数÷受験者数) 7.6%
合格者数÷受講者数 6.6%
(悪い)

TACの公式サイトで資料請求TACの社労士講座解説レビューをチェック

安全衛生普及センター

安全衛生普及センターからは3講座がエントリーしてますが、正直なところ合格率が一般合格率よりもやや良い程度で、本記事の資格学校の中では一番悪い数値となっております。

こちらの通信講座は講義教材ナシのテキスト講座となっており、その分受講料がリーズナブルになっているのは受講者視点で言えば有り難い話ではありますが、結果が伴わなければムダな投資に終わってしまいます。

一概には言えませんが、こと社労士試験においては講義教材の有無が合格率に直結するんじゃないか?と考えさせられる実績データだと感じております。

教育訓練給付制度の指定講座

講座名 受講料
社会保険労務士合格必修通信講座 69,100円
社会保険労務士合格必修通信講座Aコース 159,220円
社会保険労務士通信講座受験必修講座 45,260円

指定講座全体の実績情報

受講者数 187人
受験者数 123人
合格者数 8人
受験率(受験者数÷受講者数) 65.8%
合格率(合格者数÷受験者数) 6.5%
合格者数÷受講者数 4.3%
(かなり悪い)

安全衛生普及センターの公式サイトで資料請求

まとめ:各資格学校の実績情報一覧

教育訓練給付制度の指定講座について、実績データをもとに解説してみましたが、本記事のデータはあくまでも“制度利用者のみの結果となっており資格学校全体の評価ではない”ということを十分ご理解ください。

あくまでも社労士の通信講座を評価するための指標の1つに過ぎませんので、カリキュラム内容、受講方式、サポート内容などを踏まえて相対的に評価をするようにしましょう。

と、ココまで書いといてアレですが、せっかく引っ張り出したデータなので最後にまとめとして一覧で載せておきます。

並び替えも出来ますので、ご自由に使って下さい^^

資格学校名受験率(%)合格率(%)合格者数/
受講者数(%)
フォーサイト54.132.817.7
LEC東京リーガルマインド61.020.012.2
大原92.111.710.7
クレアール79.613.210.5
TAC86.87.66.6
安全衛生普及センター65.86.54.3

コメントは受け付けていません。

平成30年度(2018年度)向け 社労士の通信講座人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

資料請求はこちら

 クレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

資料請求はこちら

 TAC(タック)

TACの社労士講座

TACは基礎学力や学習期間に応じて複数の講座コースが用意されており、大手資格学校ならではの手厚いサポートが魅力!長年の指導ノウハウにもとづいた学習カリキュラムで社労士試験対策が行えます!

資料請求はこちら

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座