ユーキャンの社労士通信講座を徹底解説!評判/口コミもまとめてご紹介!

名前を聞いておそらく知らない人はいないであろう超有名な通信講座であるユーキャンですが、社労士の通信講座はかなり古くから運営しており、実に30年もの歴史がある講座となってます。

特にユーキャンは初学者にやさしいテキスト、手厚いサポートがウリとなっておりますが、本記事ではその辺りの特徴をゴリッと掘り下げて解説していきたいと思います。

また、ユーキャンの社労士通信講座を実際に受講された方の口コミや評判も掲載してますので、ユーキャンの社労士通信講座を検討中の方、ちょっと興味がある方はぜひ参考にしてください!

ユーキャンの社労士通信講座 スペック情報

講座コース
社会保険労務士(社労士)合格指導講座
  • テキストコース
  • アプリコース
教材内容
■テキスト
講座オリジナルテキスト(2色刷り)

■講義教材
メイン教材としてはなし
※1科目40~50分の科目別ガイダンス講義があります

サポート内容
  • 回数無制限の質問サポート(Eメール/専用の質問用紙)
    ※ただし1日あたりの質問数に制限あり
  • 添削指導11回(科目別添削:10回、総合模擬試験添削:1回)
  • サポート会報”ASSIST”による法改正情報、試験対策情報の提供
  • Eラーニングシステム”学びオンライン プラス”の利用
割引制度
なし
キャッシュバック・返金制度
なし
教育訓練給付制度(指定講座)
なし
有料オプション
  • 教室講義の受講(基本講座/答案練習講座/直前対策講座)
    ※東京、名古屋、大阪、福岡、仙台、札幌、横浜、さいたまの主要都市で開催
  • 全3回の全国統一直前模擬試験の受験
    ※会場受験/自宅受験の選択が可能
  • 社労士試験合格者専用コミュニティ”ユーキャンSRネット”の登録
サンプル教材の提供
資料請求時の講座パンフレットには同梱なし
※ユーキャンの公式サイト内で確認可能
公式サイト
ユーキャンの社会保険労務士講座公式サイト

ユーキャンの社労士講座の特徴

初学者を対象に構成された教材・サポートが充実している

ユーキャンの社労士通信講座については、受講生の約75%の方が初めて社労士試験の勉強をされる方となっておりますので、ユーキャン側もそれらを踏まえたうえで、初学者にもやさしい教材/サポートを用意してます。

例えば、テキスト教材については、法律の難解な説明などを図やイラストを用いて視覚的に分かりやすく解説していたり、試験範囲を全網羅する形ではなく、出題傾向の高い部分に的を絞って作られていたりと「分かりやすく、そしてコンパクトに」をコンセプトに作成されてます。

また、科目ごとにB4サイズのテキストに分冊されてますので、持ち運びもしやすく通勤時間やスキマ時間での学習時に使えるように工夫がなされてます。

受講生サポートについては、冒頭のスペック情報でも挙げている通り、回数無制限の質問サポート、社労士の通信講座ではめずらしい添削指導サポートも付いてますので、通信講座でありながらも人との繋がりが感じられる学習環境を提供してくれるところが非常にグッドですね。

受講料は社労士の通信講座の中ではかなりリーズナブル。なのですが、、

社労士通信講座の受講料のおおよその相場としては15~20万円あたりが妥当なラインになってくると思いますが、ユーキャンの社労士通信講座については高い方のテキストコースで79,000円となっており、業界最安水準となってます。

この安さの理由にも繋がるとは思いますが、ユーキャンの社労士通信講座にはメイン教材に講義解説が含まれておりません。
※サブ教材として科目のガイダンス講義が付いてますが、あくまでもテキストの解説を補完するレベルのもの

なので、もし講義の受講を希望されるのであれば、有料オプションとして教室講義の受講(それらを収録したCD講義の購入)もありますので、そちらを追加するといったことも可能です。

メインの動画教材は付いてない

この点については賛否両論分かれる話だとは思いますが、他校の社労士通信講座の多くはメイン教材として講義教材を取り入れており、テキストでカバーしづらい点、解釈が難しい内容などを講義で補完するといった役割を果たしております。

もちろん、講義教材が含まれる講座についてはその分受講料も高くなりますので、一長一短となりますが、こと社労士の対策講座という位置付けであれば、メイン教材に講義解説が含まれていない点はマイナスに働くのでは?と感じてます。

ユーキャンの社労士通信講座を受講した方々の評判口コミ情報


実際にユーキャンの社労士講座を受講された方々の評判・口コミを集めてみました。

口コミの傾向としては、テキストの内容の分かりやすさ、持ち運びのしやすさの点で良い評判が多かった一方、質問サポートのレスポンス面、学習の粒度・深さの点でイマイチな意見もあったりと良い悪いの口コミは半々といったところです。

以下、ピックアップしておりますので、参考にしてください。

「良い」評判口コミ

30代男性
ユーキャンの市販のテキストが結構分かりやすかったのと、科目ごとで分冊になっていたのが受講の決め手です。机に向かって勉強する時間があまり取れないため、通勤時間をなんとか勉強時間にあてようと考えていたため、全科目が1冊にまとまってる本だと持ち運びに不便だと考えたからです。

テキストの解説はとても分かりやすくて、法律学習の初心者でも心が折れることなく最後まで取り組めました。「学びオンラインプラス」でミニテストやポイント解説動画を見ることも出来ましたので、空いてる時間の勉強に活用してました。ただ、法改正や白書対策については少し物足りなかった感があったので、別の市販のテキストや他校の単科講座などで対策をしたほうがよいと思いました。

40代男性
社労士の資格を目指すにあたって、予備校か通信かで迷ってましたが、仕事がシフト制ということもあり、学校に通うのは難しいと思っていた時に、コンビニにあったユーキャンのチラシを見て受講することにしました。

予備校に通う費用よりも安く、また定期的に添削してくれる仕組みだったので、仕事を理由にサボり気味になった際も「やらないと受講料が無駄になる!」という思いで、途中で投げることなく最後までやりきることが出来ました。

また、社労士は毎年法改正がかなり多く、自分で情報を集めるのは非常に難しいのですが、ユーキャンが送ってくれるアシストという冊子で法改正の情報を提供してくれたので本当に助かりました。

「悪い」評判口コミ

40代女性
以前は社労士の学校に通って勉強してましたが、あまり合わなかったので、次は通信講座と思ってユーキャンの社労士講座を受講しました。ユーキャンは有名だし他よりも値段がまぁまぁ安め、そして動画解説もあったのが決めた理由です。

テキストは分かりやすかったので勉強しやすかったんですが、サポートのメール質問の回答に1週間くらいかかってたのが、やや不満のあるところでした。ホームページにも多少お時間を頂きますって書いてますが、150人も講師がいるならこのへんをなんとかしてほしいと思いました。

30代男性
2年目の社労士受験の際にユーキャンの社労士講座を利用しました。知人にユーキャンの通信講座で合格した人がいたことと、値段が安かったのが選んだ理由です。社労士は科目も多いので市販のテキストだと分厚くて使いづらいことが多いのですが、ユーキャンのテキストは薄くて持ち歩きがしやすかったです。

テキストは社労士の勉強が初めての人でも分かりやすくかかれており、難問を解けるようにするというよりはボーダーラインから8割超の問題を確実に押さえて点を取りに行くような構成です。なので、裏を返せばもう少し突っ込んで勉強したい方には物足りない感じはします。

ユーキャンの社労士通信講座の総合評価

ユーキャンの管理人的評価
教材クオリティ 15pt
カリキュラム 10pt
コスパ 15pt
サポート体制 10pt
運営実績 10pt
【総合評価:60pt】

ユーキャンの社労士通信講座で使用しているテキストは、本記事の口コミ情報欄でもあったように科目ごとに分冊されており持ち運びしやすいサイズなので、特に社会人の方が通勤中などのスキマ時間の学習活用の際に効果を発揮出来るように計算されている点が非常によいと思います。

テキスト内容も図表やイラストを多く用いて、難解な法律の内容を分かりやすく噛み砕いて解説してますので、初めて社労士の勉強を始める初学者の方にはちょうど良い教材の一つだと判断できます。

ただし、メイン教材として講義教材がないため、ユーキャンの社労士通信講座は通信講座でありながらも、どちらかと言えば独学に近い位置付けになるかと思います。

一応、科目ごとのガイダンス講義は付いてますが、授業形式でガッツリとインプットする訳ではありませんので、このあたりをどう判断していくかがユーキャンの好き嫌いの分かれ目になってくるかと思います。

また、サポートに関しても初学者向けという点で考えれば十分充実している内容とは思いますが、大手資格学校などの充実度と比べればやや物足りなさもありますので、管理人の評価としては「普通」レベルとしてます。
※ここは過剰なサポートもどうなん?ってこともありますので、個人的にはそこまで重視するポイントではないかとは思ってます。

いずれにしても、30年以上の運営を行っている「合格実績のある社労士講座」ということは確かでありますので、求めている教材、カリキュラムがマッチしているならユーキャンも選択肢として考えるのもアリなんじゃないかと思っている次第であります。


Checkこんな方におすすめです!
  • 受講料の安い通信講座をお探しの方
  • 法律資格の勉強を初めて行う方
  • 独学スタイルでモチベーションを維持しながら学習を進められる方
  • 質問サポートなどの一定の受講生サポートがある講座をお探しの方

ユーキャンの社労士通信講座の詳細については、公式サイトか講座パンフレットを取り寄せて最新情報を確認していただくのがベターなんですが、講座パンフレットを取り寄せて確認したほうが情報が集約されてて分かりやすいので、受講をご検討中の方はぜひ公式サイトから資料請求してみてください!



コメントは受け付けていません。

2019年度向け 社労士の通信講座人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

資料請求はこちら

 クレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

資料請求はこちら

 TAC(タック)

TACの社労士講座

TACは基礎学力や学習期間に応じて複数の講座コースが用意されており、大手資格学校ならではの手厚いサポートが魅力!長年の指導ノウハウにもとづいた学習カリキュラムで社労士試験対策が行えます!

資料請求はこちら

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座