「資格の大原」の社労士講座を徹底解説!評判/口コミもまとめてご紹介!

blank

「資格の大原」はかなりたくさんの資格講座を運営しており、特に行政書士、中小企業診断士、簿記などのビジネス系資格の対策に定評があります。

社労士の講座も古くから運営されており、初学者から受験経験者の方まで学力レベル、スタイルに応じた7つのコースが用意されてます。

本記事では、そんな大原の特徴や講座コースの詳細、そして評判や口コミ情報などを深掘りして解説していきたいと思いますので、大原の社労士講座を詳しく知りたい方はぜひ一緒に見ていきましょう!

blank

大原の社労士講座 スペック情報

講座コース
■初学者向け
  • 社労士入門合格ロングコース
■初学者・学習経験者向け
  • 社労士入門合格コース
  • 社労士合格コース
  • 社労士速修合格コース
  • 社労士24
  • 社労士24+直前対策
■学習経験者向け
  • 社労士経験者年金強化合格コース
  • 社労士経験者合格コース
教材内容
■テキスト
講座オリジナルテキスト(モノクロ)

■講義教材
教室講義を収録した講義映像(WEB視聴/DVDで選択可)

サポート内容
  • 質問サポート(電話/Eメール/FAX/直接来校)※回数無制限
  • 教室聴講制度(利用回数はコースによって異なる)
  • 自習室・教室の利用(無料/予約不要)※回数無制限
  • 社労士講座オリジナルメルマガ配信(法改正/本試験の情報など)
割引制度
複数種類あり
キャッシュバック・返金制度
本年度試験を受験し合格発表前に翌年向けに講座受講を開始したが、本年度試験に合格している場合は全額返金
教育訓練給付制度(指定講座)
  • 完全合格コース
  • 上級コース
単科受講・オプション受講
可能(ただし直前対策/公開模試のみ)
サンプル教材の提供
提供なし
公式サイト
「資格の大原」社会保険労務士講座 公式サイト

大原の社労士講座の特徴

過去7年間での本試験合格者数は2,600人以上とかなり実績!

大原受講生の2011~2017年までの社労士試験合格者実績
大原の社労士講座での運営実績についてですが、2011~2017年の7年間での本試験合格者数が2,627名とかなりの人数となってます。

該当年度の本試験合格者のトータルが19,761人(2011年:3,855人、2012年:3,650人、2013年:2,666人、2014年:4,156人、2015年:1,051人、2016年:1,770人、2017年:2,613人)なので、社労士試験合格者の7.5人に1人は大原の講座を受講していたという計算になりますね。

ちなみに、コレどっかで見たことがある感じがしましたが、TACの社労士講座も同じ合格者数の打ち出し方をしてます(笑

どちらが先かってのは不明ですが、まぁ張り合っているのは素人目に見ても明らかですね^^

学習レベル/学習期間/受講スタイルに応じて複数の講座がある

大原の社労士講座については、基礎学力や学習期間に対応した8つのパックコース、科目別/対策毎でピンポイントに受講できる複数の単科講座、そして試験直前期に実力確認が行える公開模試と様々なラインナップがあります。

各講座に含まれている講義については、一部を除いて通学、通信の両方に対応しておりますので、学習スタイルに応じて受講が可能です。
※通学のほうが対応してる講座が多い感じです。

なお、通信についてはWeb視聴、DVD視聴、講義なし(資料通信※社労士経験者合格コースのみ)から選ぶことが可能ですが、個人的にはWeb視聴の学習スタイルがスマホでも見れるのでおすすめです。(あとWeb視聴のほうが安いので^^)

講座オリジナル教材の本試験での問題的中率がかない高いと評判

大原の社労士講座で使用されるテキストは毎年見直しを行われており、専任講師による試験分析をした結果や最新の法改正情報などが盛り込まれておりますので、常に最新の情報で学習することが出来ます。

また、講師による試験分析にはかなり定評があり、本試験での問題的中率がなんと70%以上とかなり高い確率を誇っております。

試験に出るところを的確に狙って学習できるので無駄なく試験対策が行える点がイイですね。

大手資格学校ならではの手厚いサポート

大原の社労士講座では、受講生サポートとして以下の種類が用意されてます。

通信講座向け受講生サポートの種類
  • 無制限の質問サポート(電話/Eメール/質問カード/来校して直接質問)
  • 教室聴講制度(利用回数はコースによって異なる)
  • 自習室・教室の利用(無料/予約不要)※回数無制限
  • 定例試験・模擬試験の成績表の配布
  • 社労士講座オリジナルメルマガ配信(法改正/本試験の情報など)

大手資格学校ならではのサポートの充実ぶりですが、特筆すべきは「来校して講師に直接質問出来る」ところだと思います。電話で質問の応対してくれるところはポツポツありますが、対面で質問出来るってのはおそらく大原だけかと。

資格学校で唯一の学校法人だからなせるワザといったとろでしょうか。

割引制度は受験経験者よりに設定

大原では固定の割引制度として以下のモノが用意されております。

大原の社労士講座 割引制度
  • 再受講割引(30%OFF)
  • 再受験割引(20%OFF)
  • 50歳以上応援割引(10%OFF)
  • 行政書士特別割引(5%OFF)
  • 簿記ネクスト割引(5%OFF)

受験経験者や過去に大原の講座受講者を対象にしたものが多いため、全くの初学者だと使えないものが多い印象です。
また、大幅な割引キャンペーンなどもないことから、他校と比べると若干弱めな感じです。
※その分、経験者勢は恩恵を受けやすいかと。


blankその他の特徴を公式サイトでチェック

各講座コースの詳細

大原では基礎学力や学習期間に応じて8つのパック講座が用意されてます。また、それぞれの講座で講義の受講方法も各種用意されておりますので、お好みの受講スタイルに応じて選ぶことができます。

ここでは、大原が開設している社労士講座のラインナップについて、初学者向け、初学者・経験者向け、経験者向け、単科講座、模擬試験で分けてご紹介したいと思います。

初学者対象パックコース

「科目別基本講義」「頻出項目マスター」学習範囲を2周回すカリキュラムとなります。
早期に学習スタートが出来る初学者の方におすすめのロングプランです。

講座名受講形式受講スタイル受講料
社労士入門合格ロングコース通信Web通信講座204,000円
DVD通信講座230,000円
通学教室通学210,000円
DVD通学210,000円

初学者・学習経験者対象パックコース

初学者・学習経験者向けとして、カリキュラム内容、学習開始時期に応じて5つのコースが用意されてます。
ちなみに「社労士24」というのは全科目のインプットを24時間で行うことが出来るという意味の24のようです。基本の再整理を行いたい学習経験者の方にニーズがありそな感じですね。

講座名受講形式受講スタイル受講料
社労士入門合格コース通信Web通信講座180,000円
DVD通信講座205,000円
通学教室通学185,000円
DVD通学185,000円
社労士合格コース通信Web通信講座170,000円
DVD通信講座190,000円
通学教室通学175,000円
DVD通学175,000円
速修コース通信Web通信講座124,000円
通学教室通学140,000円
社労士24通信Web通信講座79,000円
社労士24+直前対策通信Web通信講座123,000円

学習経験者対象パックコース

学習経験者向けとしては上級コース、それに年金対策が付いた上級コース年金強化パックの2コースが用意されてます。カリキュラムの早期の段階で徹底した演習講義をこなしていく内容となってるので、解答力のベースアップを図りたい方におすすめです。

講座名受講形式受講スタイル受講料
社労士経験者年金強化合格コース通信Web通信講座180,000円
DVD通信講座205,000円
通学教室通学185,000円
DVD通学185,000円
社労士経験者合格コース通信Web通信講座170,000円
DVD通信講座190,000円
資料通信101,000円
通学教室通学175,000円
DVD通学175,000円

単科講座・直前対策

大原では複数の単科講座・直前対策講座が用意されており、いずれもパックコースよりはリーズナブルに受講が出来るので、独学で試験対策を行っている方のプラスαの教材として最適です。

ただし、直前対策の個別講座は通学オンリーとなってるので、この辺りは通信もやってほしいところ。

講座名受講形式受講スタイル受講料
科目別基本講義(労働基準法)通学教室通学20,000円
DVD通学20,000円
科目別基本講義(労働安全衛生法)通学教室通学20,000円
DVD通学20,000円
頻出項目マスター通信Web通信講座34,000円
DVD通信講座40,000円
通学教室通学35,000円
DVD通学35,000円
年金頻出項目マスター通信Web通信講座10,000円
DVD通信講座15,000円
通学教室通学10,000円
DVD通学10,000円
直前対策パック(直前対策+公開模試(4回)のセット)通信Web通信講座47,000円
DVD通信講座56,000円
通学教室通学51,000円
直前対策-労働経済・厚生労働白書まとめ講義通学教室通学7,000円
直前対策-法改正まとめ講義通学教室通学8,000円
直前対策-択一式直前対策演習通学教室通学25,000円
直前対策-選択式直前対策演習通学教室通学7,000円

公開模試

大原では社労士の本試験直前期に計4回の模擬試験が実施されます。
※中間模擬試験は2回で本試験1回の問題数

受験料もそれほど高くはなく、本試験での問題的中率も高いと評判の試験なので受けない手はないですね。
なお、試験後に専任講師による解説講義をWeb配信してくれるので、見直しもバッチリ行えます。

模擬試験実施時期会場受験自宅受験
全国模擬試験セット(4回)7,000円7,000円
全国統一公開模擬試験Ⅰ・Ⅱセット5,000円5,000円
全国中間模擬試験(2回)6月中旬より順次実施3,000円3,000円
全国統一公開模擬試験Ⅰ6月下旬~7月上旬の土日のいずれか3,000円3,000円
全国統一公開模擬試験Ⅱ7月下旬の土日のいずれか3,000円3,000円

blank各講座の詳細を公式サイトでチェック

大原の社労士講座を受講した方々の評判口コミ情報

blank
実際に大原の社労士講座を受講された方々の評判・口コミを集めてみました。
初学者向けコース、学習経験者向けコース毎で分けてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに口コミ内容としては、教材の内容に関すること、サポートに関することで良い意見が多いように感じました。

初学者向けの講座を受講された方々の評判口コミ

blank
30代男性
重要事項に絞った授業、教材の網羅性、全国模試の難易度、質問に対する迅速な対応等、確実に実力をつけることができました。また、スマホでも倍速で視聴できるのは良かったです。
blank
30代女性
テキスト、問題集とも適切なボリュームで、些末なことをおいかけるのではなく、基本に忠実で取り組みやすかったと思います。また、模擬試験の結果は本試験の点数とほぼイコールで、難易度・内容とも、適切な出題がされているのではないかと感じました。
blank
20代女性
分かりやすく記憶に残る講義、どんな質問にもしっかり答えて下さる講師の先生、毎日届く受講生向けのメールなど…、必要な情報、自分の知りたい情報を、すぐに手に入れることが出来るところがよかった

学習経験者向けの講座を受講された方々の評判口コミ

blank
30代男性
講師の先生の素晴らしさ、教材、演出等、大変素晴らしいものでした。中でも個人的にコース生専用のトレーニングアプリが非常に良かったです。スキマ時間も有効に活用でき、本試験でも高得点をマークできました。
blank
50代男性
大原の教材が丁度いい。詳しすぎることなく、足らないこともない。ただ、私のような高年者には字がちょこっとだけ小さい。
blank
40代男性
私にとって電話での質問が無制限であることが一番の魅力でした。次にテキスト、問題集(択一、選択トレ問)、模試と授業のバランスが抜群であることです。理解と暗記(時に絶妙なゴロ合わせ)が初学者、受験経験者を問わず学習を見事にアシストしているバランスとなっていることから私にも合格レベルの知識が身に付いたと思います。


blankその他の評判・口コミを公式サイトでチェック

大原の資料請求をしてみました!

管理人が実際に大原の公式サイトから資料請求の申し込みを行い、入手したのがこちらのパンフレット一式です。

講座パンフレット到着~中身の物色まで

blank
ヤマトのメール便で到着です。一瞬、フォーサイトの講座パンフレットかと思うくらい似てたw
blank
同封物の中身一式。講座の総合パンフレットその他色々入ってます。サンプルテキスト/講義はナシ。
blank
パンフレットの最初のページあたりに女性のみの合格者一覧です。もちろん男性の合格者も別ページで掲載^^
blank
講座で使用するテキストのサンプルが付いてない代わりにパンフレット内で事細かに説明アリ。

資料請求してみた感想

大原の講座パンフレットは社労士講座自体の案内に関してはもちろん掲載されてますが、現役の独立開業社労士の方や勤務社労士の方のインタビュー記事や試験制度の詳細などサブコンテンツもそこそこ充実してますので、それなりに読みごたえはある印象です。

最初の10ページ分位は大原の合格祝賀会の模様が合格者の顔写真つきでアップされてますが、まぁ、この辺りは煽り感が強めかな?と感じました。。

一応、一言コメントなんかも掲載されてますが、どちらかと言えば大原推し的なコメントばかりなので、これを載せるなら合格体験記のように受講者がどれ位の期間でどういった学習の進め方で受かったのかを載せたほうがよっぽど参考になるかと思います。

あと、テキストの作りに関してはパンフレット内で結構詳細に説明されてましたので、サンプルが無くてもそれなりに分かりますが、個人的にはやっぱり実際に手に取って見たいってのがありますので、このあたりは改善してもらえるとイイかもしれません。

まぁ、とりあえずは講座自体の説明はキッチリと書かれてましたので、受講をお考えの方は取り寄せて中身を確認することをおすすめします。


blank大原の社労士講座の資料請求はこちら

大原の社労士講座の総合評価

大原の管理人的評価
教材クオリティblank15pt
カリキュラムblank10pt
コスパblank5pt
サポート体制blank20pt
運営実績blank15pt
【総合評価:65pt】

大原の社労士講座で使用されるテキストは、過去問題を徹底分析し毎年見直しが行われているだけあり、本試験の出題頻度の高い箇所を徹底的に学習することができる点が非常にグッドです。

口コミ情報などでも、大原の教材があれば別で問題集を買ったりする必要はないといった意見も多かったので、そのあたりは事足りていると言えますね。

ただし、これは大手資格学校全般に言えることですが、事足りているというより学習量がかなり多い傾向があるため、やはり途中で挫折する人の声もちらほらとあったりします。
※この辺りはどう取るかですね。やり切ればそれなりの実力は付くってことなんで。

サポート体制に関しては、資格学校の中ではトップクラスと言ってもよいレベルだと判断します。特に電話や直接講師に会って質問出来る等、大原ならではのサポートが付いてますので、この辺りのサポートを重視される方も納得の内容となってます。

受講料の価格設定はTACより若干低い感じはしますが、とりわけ大幅な割引キャンペーンなどがない分、費用的にはそれなりにかかる点は大手資格学校だから致し方ない点ではあります。


Checkこんな方におすすめです!
  • 運営実績の豊富な講座を探している方
  • 受講生サポートが充実している講座をお探しの方
  • 問題演習をこなして得点力アップを目指す受験経験者の方
  • 圧倒的な学習量をこなせる方

大原の社労士講座サイト上に講座パンフレットの電子版がありますので、そちらで詳細を確認することも可能ではありますが、正直あまり見やすいとは言えないので、ご検討中の方は紙の講座パンフレットを申し込んで手に取って確認頂いたほうがイイと思います!

資料請求は無料で、かつ登録後にウザい勧誘の電話などはありませんので、その点は安心です^^


blank

コメントは受け付けていません。

2020年度向け 社労士の通信講座人気ランキング!

blankフォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

blank公式サイトへGO

blankクレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

blank公式サイトへGO

blankスタディング

スタディングの社労士講座

全ての教材がオンライン上で完結している次世代のEラーニングシステムを採用!スマホがあれば通勤途中や外出先での空き時間をフルに勉強時間に変換可能!無料講座があるのでまずはそちらを要チェックです!

blank公式サイトへGO

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

blank
目的にあった通信講座を比較しよう!
当サイトでは、社労士受験生のさまざまなニーズに対応出来るよう、条件に応じたおすすめの通信講座を以下の記事でピックアップしてご紹介しております!ぜひチェックしてみてください!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】ニンジン作戦でヤル気アップ!合格祝い・受講料キャッシュバックが付いてる通信講座まとめ
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座