第50回(2018年度)社会保険労務士試験の合格発表!今年の合格率/合格基準点まとめ


2018年8月26日(日)に実施された第50回社会保険労務士試験の試験結果が全国社会保険労務士会連合会 試験センターのホームページにて公表されましたので、こちらのサイトでも情報をまとめてみました。

諸々の結果を踏まえた総括も掲載してますので、今回の試験のまとめとして参考にしてください。


第50回社会保険労務士試験の試験結果

受験申込者数

種別 今年度
(2018年)
昨年度
(2017年)
対前年比
通常受験者 48,456人 48,723人 -0.5%
科目免除者 556人 615人 -9.6%
公務員特例免除者 570人 564人 +1.1%
合計 49,582人 49,902人 -0.6%

受験者数

種別 今年度
(2018年)
昨年度
(2017年)
対前年比
通常受験者 37,445人 37,691人 -0.7%
科目免除者 487人 514人 -5.3%
公務員特例免除者 495人 480人 +3.1%
合計 38,427人 38,685人 -0.7%

受験率

種別 今年度
(2018年)
昨年度
(2017年)
対前年比
通常受験者 77.3% 77.4% -0.1%
科目免除者 87.6% 83.6% +4.0%
公務員特例免除者 86.8% 85.1% +1.7%
合計 77.5% 77.5% +-0.0%

合格者数

種別 今年度
(2018年)
昨年度
(2017年)
対前年比
通常受験者 2,323人 2,509人 -7.4%
科目免除者 28人 42人 -33.3%
公務員特例免除者 62人 62人 +-0.0%
合計 2,413人 2,613人 -7.7%

合格率

種別 今年度
(2018年)
昨年度
(2017年)
対前年比
通常受験者 6.2% 6.7% -0.5%
科目免除者 5.7% 8.2% -2.4%
公務員特例免除者 12.5% 12.9% -0.4%
合計 6.3% 6.8% -0.5%

合格基準点及び配点

本年度(2018年)の合格基準点及び配点

(1)合格基準点
本年度の合格基準は、次2つ条件を満たした者を合格とする。

① 選択式試験は、総得点23点以上かつ各科目3点以上
 (ただし、「社会保険に関する一般常識」「国民年金法」は2点以上)である者

② 択一式試験は、総得点45点以上かつ各科目4点以上

※ 上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから昨年度試験の合格基準を補正したものである。

(2)配点
① 選択式試験は、各問1点とし1科目5点満点、合計40点満点とする。
② 択一式試験は、各問1点とし1科目10点満点、合計70点満点とする。

昨年度(2017年)の合格基準点及び配点※参考情報

(1)合格基準点
本年度の合格基準は、次2つ条件を満たした者を合格とする。

① 選択式試験は、総得点24点以上かつ各科目3点以上
 (ただし、「雇用保険法」「健康保険法」は2点以上)である者

② 択一式試験は、総得点45点以上かつ各科目4点以上
 (ただし、「厚生年金保険法」は3点以上)である者

※ 上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから昨年度試験の合格基準を補正したものである。

(2)配点
① 選択式試験は、各問1点とし1科目5点満点、合計40点満点とする。
② 択一式試験は、各問1点とし1科目10点満点、合計70点満点とする。

過去10年間の推移

試験結果からの総括


昨年度と比べて合格率は-0.5%の6.3%となっており、受験者数がほぼほぼ昨年と変わらずだったことを考えると、試験としてはやや難易度が高かった結果となってますね。

合格基準点については、昨年度よりも総得点のしきい値はやや下がっておりますが、選択式試験の”2点以上”科目が変更されていたり、択一式試験の”3点以上”科目がなくなって各科目4点以上がボーダーとなっている点が難易度の押し上げに繋がったんじゃないかと思われます。

なお、過去10年間の推移を見る限り、受験者数は年々減少傾向にありますが、去年、今年あたりが底打ちした感じにも見えますので、合格者数、合格率に関してはここ2年の数値が今後もベースになってくるかもしれないですね。(まぁ、あくまでも個人的な見解ですが、、)

とにかく、試験に合格された方は、一旦解放モードでリフレッシュしつつ次のステップへ!
残念な結果だった方は、試験対策の内容を振り返りつつ次回のチャレンジに備えてください!

参考リンク

 第50回社会保険労務士試験の合格者発表 | 厚生労働省

 第50回(平成30年度)社会保険労務士試験の合格基準について(PDF) | 厚生労働省

 過去10年の推移と合格者の年齢階層別・職業別・男女別割合 | 社会保険労務士試験オフィシャルサイト

コメントは受け付けていません。

2019年度向け 社労士の通信講座人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

資料請求はこちら

 クレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

資料請求はこちら

 TAC(タック)

TACの社労士講座

TACは基礎学力や学習期間に応じて複数の講座コースが用意されており、大手資格学校ならではの手厚いサポートが魅力!長年の指導ノウハウにもとづいた学習カリキュラムで社労士試験対策が行えます!

資料請求はこちら

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座