第52回(2020年度)社会保険労務士試験の合格発表!今年の合格率/合格基準点まとめ

第52回(2020年度)社会保険労務士試験の合格発表
2020年8月23日(日)に実施された第52回社会保険労務士試験の試験結果が厚生労働省の報道発表資料、及び全国社会保険労務士会連合会 試験センターのホームページにて公表されましたので、こちらのサイトでも情報をまとめてみました。

諸々の結果を踏まえた総括も掲載してますので、今回の試験のまとめとして参考にしてください。


第52回社会保険労務士試験の試験結果

受験申込者数

種別今年度
(2020年)
昨年度
(2019年)
対前年比
通常受験者48,168人48,421人-0.5%
科目免除者530人569人-6.9%
公務員特例免除者552人580人-4.8%
合計49,250人
49,570人-0.6%

受験者数

種別今年度
(2020年)
昨年度
(2019年)
対前年比
通常受験者34,011人37,436人-9.1%
科目免除者403人500人-19.4%
公務員特例免除者431人492人-12.4%
合計34,845人
38,428人-9.3%

受験率

種別今年度
(2020年)
昨年度
(2019年)
対前年比
通常受験者70.6%77.3%-6.7%
科目免除者76.0%87.9%-11.8%
公務員特例免除者78.1%84.8%-6.7%
合計70.8%77.5%-6.8%

合格者数

種別今年度
(2020年)
昨年度
(2019年)
対前年比
通常受験者2,165人2,427人-10.8%
科目免除者17人31人-45.2%
公務員特例免除者55人67人-17.9%
合計2,237人
2,525人-11.4%

合格率

種別今年度
(2020年)
昨年度
(2019年)
対前年比
通常受験者6.4%6.5%-0.1%
科目免除者4.2%6.2%-2.0%
公務員特例免除者12.8%13.6%-0.9%
合計6.4%6.6%-0.2%

合格基準点及び配点

本年度(2020年)の合格基準点及び配点

(1)合格基準点
本年度の合格基準は、次2つ条件を満たした者を合格とする。

① 選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上
 (ただし、「労務管理その他の労働に関する一般常識」「社会保険に関する一般常識」「健康保険法」は2点以上)である者

② 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上

※ 上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから昨年度試験の合格基準を補正したものである。

(2)配点
① 選択式試験は、各問1点とし1科目5点満点、合計40点満点とする。
② 択一式試験は、各問1点とし1科目10点満点、合計70点満点とする。

昨年度(2019年)の合格基準点及び配点※参考情報

(1)合格基準点
本年度の合格基準は、次2つ条件を満たした者を合格とする。

① 選択式試験は、総得点26点以上かつ各科目3点以上
 (ただし、「社会保険に関する一般常識」は2点以上)である者

② 択一式試験は、総得点43点以上かつ各科目4点以上

※ 上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから昨年度試験の合格基準を補正したものである。

(2)配点
① 選択式試験は、各問1点とし1科目5点満点、合計40点満点とする。
② 択一式試験は、各問1点とし1科目10点満点、合計70点満点とする。

本年度(2020年)の社会保険労務士試験の係る問題誤りとその措置について

試験問題の誤りの箇所とその理由
(試験問題の誤り箇所)
「労働者災害補償保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。)」の問6

(理由)
本問は正しい選択肢について択一する問題であり、本来正答とされるべき選択肢(D)について、その記載された内容から正誤の判定を行うことが困難であったと判断したものである。

採点にあたっての措置
択一式「労働者災害補償保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。)」の採点に当たっては、受験者全員を正答とする。

本年度(2020年)の社会保険労務士試験合格者の各種内訳

本年度(2020年)の社労士試験合格者の各種内訳

過去10年間の申込者数、受験者数、合格者数の推移

過去10年間の推移

試験結果からの総括

blank
今年の合格率は昨年と比べて-0.2%ダウンとやや下がっておりますが、ここ数年での推移で考えれれば例年並みという印象を受けます。

今年は択一式の試験問題で誤りもあり、実質的にボーダーが1点上がったことになりますが、選択式の3点→2点へのボーダー引き下げ科目が昨年の1科目から3科目に変更された点を見ると、全体的な合格ボーダーのハードルはやや下がったと考えられ選択式で救われた受験生も多かったんじゃないでしょうか?

てか、それ以上に着目すべきは受験率が鬼のように下がっている点です。。

これに関しては新型コロナの影響が甚大だったと言えますが、今年勃発した新型コロナに対して3密の可能性が高い試験会場に出向くリスクを回避するべくの結果の現れだったと考えられます。

ただし、じゃぁ来年は完全に元通り?と聞かれたら恐らく来年の状況はそこまで今年と変わっていないと個人的には考えており、ソーシャルディスタンス、3密回避、個人で出来うる予防措置の徹底はこれからも続くであろうし、試験運営側もその辺りを見据えた対処が求められるのは必然なってくると考えてます。
※試験会場のさらなる分散化、年間の複数回の試験実施、オンライン試験の仕組みの検討 etc…

そういう意味で、来年受験される方は試験方法や試験日など従来通りではない可能性も視野に入れて、試験情報は十分にチェックしておくことをおすすめします。

まぁ、何はともあれ今年合格された方はおめでとうございます!
あと一歩だった方は来年の本試験に向けてしっかり準備をしていきましょう!

参考リンク

blank第52回社会保険労務士試験の合格者発表 | 厚生労働省

blank第52回(令和2年度)社会保険労務士試験の合格基準について(PDF) | 厚生労働省

blank合格者等の推移(過去10年)・第52回社会保険労務士試験合格者の年齢別・職業別・男女別構成(PDF) | 厚生労働省

blank令和2年社会保険労務士試験に係る問題誤りについて(PDF) | 社会保険労務士試験オフィシャルサイト

blank官報(令和2年11月6日付号外第232号)※社会保険労務士試験合格者の受験番号掲載

コメントは受け付けていません。

2021年度向け 社労士の通信講座人気ランキング!

blankフォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座

フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です!

blank公式サイトへGO

blankクレアール

クレアールの社労士通信講座

出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座!独学者向けの単科講座も豊富です!

blank公式サイトへGO

blankスタディング

スタディングの社労士講座

全ての教材がオンライン上で完結している次世代のEラーニングシステムを採用!スマホがあれば通勤途中や外出先での空き時間をフルに勉強時間に変換可能!無料講座があるのでまずはそちらを要チェックです!

blank公式サイトへGO

【条件別】社労士通信講座を徹底比較!

blank
目的にあった通信講座を比較しよう!
当サイトでは、社労士受験生のさまざまなニーズに対応出来るよう、条件に応じたおすすめの通信講座を以下の記事でピックアップしてご紹介しております!ぜひチェックしてみてください!

【社労士】初心者・初学者向けの通信講座
【社労士】学習経験者/受験経験者におすすめの通信講座
【社労士】独学に最適な科目別/目的別のおすすめ単科講座
【社労士】厳選10万円以下!受講料が安いおすすめ通信講座
【社労士】割引制度/キャンペーン利用でお得に受講出来る通信講座
【社労士】ニンジン作戦でヤル気アップ!合格祝い・受講料キャッシュバックが付いてる通信講座まとめ
【社労士】教育訓練給付制度の指定講座